品質管理に徹底的にこだわった
『FARHADIAN』社のギャッベ

イランの遊牧民の作る手織りの絨毯『GABBEH(ギャッベ)』。
ギャッベとはイラン語で『荒い』という意味で、もともとは5cmほどの厚みがあり、
移牧の際のベッドとして使われていました。
ウール100%・手紬糸・草木染の優しい色合いが特徴で、
織り子さんのインスピレーションで織られたデザインは、同じものはひとつとなく
イランの自然をモチーフにした独特のデザインが魅力です。

mixの扱うギャッベは、『FARHADIAN(ファーハディアン)』社。 もともとペルシャ絨毯を扱っていたファーハディアン社のギャッベは、品質管理が徹底的に行われています。
織り子さんの織ったギャッベは工場に集約され、「洗い」を何度も行います。これを行うことで、砂やほこり、匂いがとれ、遊び毛も落ち、光沢をもたらすのです。その後、表面の毛を均等に刈って滑らかにし、またギャッベのたるみや曲がりを修復するなど、最後まで「品質」にこだわっています。

ギャッベの製造工程
ギャッベの製造工程

● ギャッベは、織りの細かさでランクが分けられます。

GABBEHギャラリー

普段のお手入れ

普段は掃除機をかけるだけで十分です。
飲み物をこぼしたときは、すぐに固く絞った雑巾でやさしくたたくように吸い取ってください。脂分の多い羊の毛を使っているため、液体をはじいてくれます。
使えば使うほど、踏めば踏むほど、光沢が生まれ、色合いもよくなっていくのが、品質のよい絨毯の本来の姿です。

ギャッベは羊毛100%。しかも全て手紡ぎの糸を使って織られています。「縮れ」部分の凹凸が、羊毛そのものにたくさんの空気を含み、絨毯に空気層ができます。
そのため、冬は床の冷たさを感じず、夏は通気性があるため蒸れることもなく、一年中、快適に過ごせます。

ギャッベ一覧 ギャッベ納品事例

PAGE TOP
お問い合わせ・お見積り依頼・ご来店予約はこちら
お問い合わせ・お見積り依頼・ご来店予約はこちら